05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

BIBI'S blog

BIBI'S blogへようこそ! ヒマ潰しにどうぞ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

第九特別公演 

dai9.jpg日本フィルの第九特別公演に行ってきました。
ようやくサントリーホールにもデビューできました。
『どうせサントリーホールに行くならパイプオルガンも聴けて好きなプログラムの時に』と思っていましたが、これがなかなかなかったんですよね。
「第九」はどこでもやってますが、この特別公演ではパイプオルガンで、しかもバッハの「トッカータとフーガ二短調」付き!これは絶対行きたい!と思い、チケット発売日の会社帰りにチケぴに寄ったところ”完売”。泣きそうでしたよ。
いろいろ手を尽くし結局日本フィルから直接チケットを買うことに成功!良かった。。。。

さて、演奏ですが、やっぱりすばらしいです。生の演奏は心打つものがあります。
まずはパイプオルガンです。海外旅行の折、教会のミサで数回聴いたことがありすっかりトリコにもなっていたわけですが、こういうコンサートで聴くのもまた新鮮です。最初の曲「主よ、人の望よ喜びよ」で数回「えっ!?」と思う間違いもありましたが、「トッカータとフーガ」は見事な演奏でした。自分もオルガン弾きですから一度弾いてみたいなぁ、とか思いつつ堪能させていただきました。

第九は、有名曲なのでいまさらどうということはありませんが、やはり2楽章、4楽章は格別ですよね。
3楽章はご存知の方はわかってくれると思いますが、いっつも途中で落ちちゃう(寝ちゃう)んですよね。なので、そこが心配だったんですが、沼尻氏の指揮はとてもわかりやすく楽しくエネルギッシュな指揮でしたので目が離せなくなり、おかげで全楽章落ちることなく満喫できました。(笑)
合唱もかなりの人数で迫力でしたし、ソリストの皆さんもさすがにウマイ。。。。この曲にもBIBIの泣きツボがありますが、案の定泣きました。いや~、感動でした~。

サントリーホールの独特な造りのせいでしょうか、迫力はあるけど、全体的に柔らかくもなるんですね。ステージも近い席でしたので結構「一体感」みたいなものもありました。言われるだけあって素晴らしいホールだなぁ、と思い、勢いあまってまた別のコンサートのチケット取っちゃいました!やっぱり良い音楽を良い演奏者と良い環境で聴くのって最高です!
 
2007/12/22 Sat. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://bibi829.blog99.fc2.com/tb.php/262-c7ac08fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。